豊富な種類

水で二日酔いが防止できるって本当?

お酒をついつい飲みすぎてしまうということは誰にでもあります。
そして飲みすぎてしまった翌日に二日酔いになって頭痛や吐き気に襲われるというのも誰にでもあることです。
こうした二日酔いは、飲みすぎたアルコールがうまく分解されないために引き起こされます。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドを作り次に酢酸に分解され、最後は水と二酸化炭素になって体外に排出されます。

しかし、この分解する能力は人によって個人差があり、その人の許容量を越えてアルコールを飲んでしまった場合に、肝臓で作られたアセトアルデヒドが分解されずに残ってしまうことで二日酔いになってしまいます。
そしてこの二日酔いを予防するためには水をたっぷりと飲むということがとても大切になってきます。
まず水をたっぷりと飲むことで血液中に残ってしまったアセトアルデヒドの濃度を薄めることができます。
そうすると二日酔いの症状が緩和されることにつながります。

また、水は体内の代謝を活発にしてくれる働きがありますので、アセトアルデヒドの分解や体外への排出を早めてくれることにもつながります。
そのため、たくさんお酒を飲んだときには同じように水もたくさん飲むことが大切なのです。
特にビールなどの利尿作用のあるお酒は体内の水分を排出してしまいますので、自然と血中のアセトアルデヒドの濃度を濃くしてしまいます。
お酒も飲物ですので喉を潤してくれるものと思ってしまいがちですが、水分補給ということを考えると全くの逆効果で、水分を奪われてしまうことにもつながっていくのです。

そこで大切なことは、飲み会の席などでたくさんお酒を飲む時には同時に水もテーブルに用意しておくことです。
お酒を飲むと同時にちょくちょく水も一緒に飲むことで水分補給ができますし、代謝アップをしてくれるので二日酔い予防にもつながります。
水を上手に飲むことによって、お酒とのお付き合いがより楽しいものになることにつながるでしょう。