豊富な種類

水太りするから水を飲まない、はNG?

人間の体の7割は水分です。
ですから、汗をかけば当然その水分が出ますので体重は減少します。
しかし、だからといって体の水分量を減らしたとしても根本的なところでダイエットにつながるということは絶対にありません。
よく水太りということが言われますが、この場合にも水を飲む分量を極端に減らしてしまうというような方法を取ることはNGと言えるでしょう。

なぜなら、水太りの状態というのは、水不足の体が水を蓄えておこうと考えた必死の対策方法でもあるからです。
そもそも水太りというのはなぜ起こるのでしょうか?このような状態になりやすい人というのは、なんらかの原因によってとても新陳代謝が悪くなってしまっており、本来であれば体外へ排出されるはずの水分を体に全て溜め込んでしまっているというふうに考えられます。
もしもこうした状態になっている場合、まず大切なことは実は水をしっかりと飲むことです。
水は何もしていなくても毎日2リットルは排泄されてしまっています。

そうしたことを考えると、1日に2リットルは絶対に飲んでおきたいものなのです。
しかし、水太りが気になるからと水を控えるようにしていると、体は余計に水不足になってしまいます。
水がなければ代謝はうまくいきませんし、排泄されるべきものもされなくなってしまいますから、どんどん体に色々なものを溜め込んでしまうようになっていくのです。
水太りしやすい人というのは体の循環が極めて悪い状態になっていると考えられます。
水は体の循環を良くするために必要不可欠なものですから、水太りが気になる場合でも必ず毎日しっかりと飲むことが大切です。

その際には、スポーツドリンクなど塩分を含んだものではなく、水を飲むことが大切です。
なぜなら、塩分を取り過ぎると体内の塩分濃度を調整するために水分をより多く溜め込んでしまうからです。
また、良い水をたっぷり飲むことと同時に、筋トレなどを行うことも大切です。
筋肉量が低下してしまうと重力の影響で脚へ水分が溜まりやすくなってしまうからです。