豊富な種類

ナチュラルウォーターとは

私たちが一般にミネラルウォーターとよんでいる水は実は4つに分類することができます。
この分類は採水した水をどのように処理しているかという違いによってされていて、農林水産省のガイドラインによって分類の仕方が定められています。
その4つの分類のうち、ナチュラルウォーターというのがあります。

ナチュラルウォーターというと聞きなれない名前かもしれませんが、実はこれは私たちがイメージするミネラルウォーターに最も近い水かもしれません。
そんなナチュラルウォーターの定義としては「特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿・濾過・過熱殺菌以外の物理的・科学的処理を行わないもの」とされています。
つまり、地下からくみ上げたままの水に自然な処理だけを施したものということです。

実はミネラルウォーターとして販売されている水の中には後からミネラル分を添加していたり、その成分を調整したりしているものもあり、全くの天然そのままで販売されているというわけではないものもあります。
ですから、もしも天然のままの水を飲みたいと思うのであれば、まずはナチュラルウォーターと品質表示に表記のあるものを選んでおけば問題ないでしょう。
ミネラル分が添加されている水にも利点はありますが、何に水を利用するかによって使い分けたいという場合には、きちんと品質表示までチェックして選ぶことが大切です。
ナチュラルウォーターは天然のままの水ではありますが、体調不良の原因になるような細菌やその他の微細な物質が入り込まないようにするために、濾過や加熱処理などはきちんと行われています。

ですから、安心して飲むことができる天然の水と言うことができるわけです。
天然のままというのはナチュラルウォーターの良いところですが、実はミネラル分がとても少ない水ということもできます。
クセがないのでお茶や赤ちゃんのミルクなどには向いていますが、ミネラル分も取り入れたいという場合には向いていないといえるでしょう。