豊富な種類

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターに種類があるということを知らないという人も多いかもしれませんが、日本国内では農林水産省のガイドラインにより原水の処理の仕方によってミネラルウォーターは4種類に分類されています。
その中の分類の1つとして登場してくるミネラルウォーターは、複数の原水をブレンドしたりミネラル分を添加したりオゾン処理など過熱以外の殺菌処理を行った水のことを指しています。
ミネラルウォーターという名前から考えると、ミネラル分が多く含まれている水なのかな?と考えてしまいがちですが、実はミネラルの含有量とミネラルウォーターという分類とは違ってきます。

ただ、後からミネラル分を添加して味わいなどを調整しているという点に注目すれば、こうした処理を施しているからミネラルウォーターだというふうにも言えるでしょう。
ただし、ミネラルウォーターというと、どうしても「天然のおいしい水」という印象がありますから、後からミネラル分が添加されていたりたくさんの処理がされているということを知ると、その印象とかけ離れているとイメージを悪くしてしまうこともあるかもしれません。
しかし、天然そのままの水ではもしかすると細菌などが含まれていて体調を崩してしまうということもあるかもしれません。

そうしたことにならないためには優れた殺菌方法を取り入れるということは良いことです。
また、ミネラルの添加というのも天然ではないまがいものという印象につながりやすいことですが、これをすることでより飲みやすくおいしい水になると言えますし、使いやすくなるというふうにも考えられます。
ミネラルウォーターは実は私たちの印象とは違った処理をされている水かもしれませんが、それを行うことで安全で品質が一定に保たれたおいしい水が供給されることにつながるというわけです。
そういった点では、ミネラルウォーターは非常に優れていますし、上手に選ぶことがとても大切になってきます。