豊富な種類

ヨーロッパのミネラルウォーターの分類

日本のミネラルウォーターの基準を定めた農林水産省のガイドラインを見てみると、ナチュラルミネラルウォーターであっても殺菌処理などを行っていますし、水源の環境保全などについての規定は特別設けられていません。
この日本国内のナチュラルミネラルウォーターは、ヨーロッパへ持っていくと実はナチュラルミネラルウォーターとしては全く通用しません。
なぜなら、ヨーロッパの分類ではもっと厳しく基準が設けられているからです。

まずナチュラルミネラルウォーターの水源はあらゆる汚染から隔離されている地下水でなければいけませんので、周囲の環境保全にも非常に力が入れられています。
周辺では農薬などの使用は一切禁止されていますし、かなり広い範囲に渡って建造物を建てたり地下活動を行ったりもできないようになっています。
また、飲み続けることで健康に良い影響を与えることが医学的・科学的・臨床学的に認められていることという基準もあります。
そのため、ナチュラルミネラルウォーターはただ単においしい水というだけでなく体にも良い影響をもたらすものでなければいけないのです。

更に、殺菌やミネラル分の添加などが一切されていないということも重要です。
日本では殺菌しない生水をそのまま飲んで平気なのか?と思ってしまうかもしれませんが、良い水には体に良い影響をもたらす菌も含まれています。
殺菌するということは、そうした菌も全て殺してしまうことにつながりますので、必ずしも良いこととは言えないわけです。
このように、同じナチュラルミネラルウォーターという名前の水でも、ヨーロッパの基準は非常に厳しく日本とは全く違っていることが分かります。
また、ヨーロッパの水の分類には他にも、一ヶ所の地下の水源から採水されてミネラル添加などを行っていないスプリングウォーターや、熱処理や濾過など人の手で加工をしたプロセスドウォーターなどがあります。
この分類でいくと、日本のミネラルウォーターは基本的にほとんど全てがプロセスドウォーターに分類されるのではないでしょうか。