豊富な種類

お酒に合うお水の種類

お酒の飲み方のオーソドックスな方法として水割りがあります。
水割りはとてもシンプルな飲み方であるために、どのような水を使うかということはとても大切になってきます。
お酒に水を加えるというだけの飲み方のため、お酒にこだわるというだけでなく同じように水にもこだわりを持って選んでいくのが良いでしょう。
もしもおいしいお酒を選んだとしても、そのお酒の味わいに合う味の水で無い場合、お酒が台無しになってしまう可能性さえあるからです。

基本的にはお酒の味を邪魔しないようなまろやかな軟水を選ぶのが良いと言えるでしょう。
雑味の感じられない素直な味わいは、焼酎やウィスキーなどのお酒を上手に引き立ててくれてよりおいしく楽しめるようにしてくれるはずです。
こうした軟水はどのようなお酒にも比較的合いやすい水であるというふうに言うことができます。
しかし、中には硬水の方が合うお酒もあります。
それは少しクセのある味わいのお酒です。

例えばスコッチウィスキーなどはそのクセを活かすためにはちょっと硬度の高めの水を選ぶとよく合うというふうに言われています。
また、お酒が作られたときに使われる水を水割りに使うというのもとても良い方法です。
お酒の製造工程では必ず水が利用されます。
ウィスキーではその水をマザーウォーターと言いますが、その土地の地下水が利用されるというのが普通です。

日本でも酒どころと言われているような場所はおいしい水の産地としても有名な場所であることが多いと思います。
お酒と水というのは製造工程を考えるうえでも切り離すことのできないものなのです。
ただし、お酒が作られたときの水を手に入れるというのはちょっと難しいことかもしれません。
それに近い味わいの水を手に入れるためには、お酒の産地を確認してその産地に近い場所で採水されたミネラルウォーターを利用するという方法があります。
このように、お酒を楽しむための水もちょっと工夫をすることでよりお酒をおいしくすることができます。